ブログ

はてなブックマーク
2020.12.02

 冬晴れが心地よい師走の候、皆様におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 

 と言う事でやましわす。何故か家族の中で唯一サンタさんがプレゼントを持って来てくれない悪い子斉藤です。

 

 いつも靴下臭いからやろか。

 

 と言う事でタイトルにもある通り今回は家電の話。

 

 お客様に尋ねた「ご来店目的」で実に30%が「家電の相談が出来る」という目的だという噂がチラホラ出始めており、新しいサービスに「量販店に同行する」というメニューを入れようか考えだしている今日この頃であります。

 

 毎日のように送られてくるAmazon宅配の「ピンポーン」の音も、最近だと咄嗟に「何を頼んでたっけ」と漏れる言葉が妻の逆鱗に触れる事すら少なくなってきました。

 

 皆様のおかげで今年一年も実に様々な「家電」を購入しました。

 

 妻には言えませんが、その中には一度使っただけで納戸の奥にしまわれ再び日の光を浴びる事無く文字通り「お蔵入り」してしまったモノも存在します。

 

 勿論そのような事実を払拭してしまう程の(主に妻が喜んだ)ベストヒット製品もありました。

 

 私の厳しいリサーチを潜り抜け、生活を更に素晴らしいものにする為に我が家にやって来てくれた家電の中から今年の私的ベスト5をブログにてお知らせしたいと思います。

 

 何の誰の為にもなりませんが、お暇な方がいらっしゃれば読んでいってください。(名称や画像クリックで商品ページに飛びます)

 

 第5位 日立 洗濯機ビッグドラムBDーNX120E

 

ビッグドラムimages (1)

 

 参考価格 320000円

 

 我が家初めてのドラム型洗濯機。お風呂場の入り口横に設置してあるのですが、場所を多く取ってしまうドラム型洗濯機の中で唯一前面の出っ張りが60センチ強と言う事で(パナのNAVX等は70センチを超える)圧迫感が縦型洗濯機よりも無くなりました。

 

 洗濯12キロ、乾燥6キロに加えて自動掃除や自動洗剤投入、スマフォに残量切れや洗濯完了のお知らせが届くので乾燥まで予約しておけばボタンを二回押すだけで全て仕上げてくれます。(妻は干すのはビッグドラム君に任せられない模様)

 

 今まで節水の為にお風呂の残り湯を使用していましたが(浴槽の4分の3の水を使用していた)以前のビートウォッシュに比べ、このビッグドラムは残り湯を使用しても水位が2センチ程しか減らないので水の使用がメチャクチャ少なく済んでます。

 

 皆様もご存知と思いますが、白物家電(洗濯機、冷蔵庫等)は秋に新作が発売になるのでその2カ月前、洗濯機なら6~8月に購入するのが最も安く仕入れられる季節です。

 

 6月頃にネットで調べた所、価格コムでの最安値が25万円程度だったのですが事前に入念にチェックして朝一からヤマダ電機、ジョーシン、エディオン、一応ビッグカメラとヨドバシにはしごをして、ヤマダで三顧の礼に応じてくれた副店長さんと交渉、店頭価格24万をさらに下げてくれ諸々込みで16万円で購入(JCBギフト券付き)。私の人生の値下げ交渉&買い物時間ランキングで最高スコアを出させてもらえました。因みに所有時間は7時間。

 

 第4位 Panasonic 加湿空気清浄機 ナノイーX F-VXR70

 

nanoi-X

 

 参考価格69800円(生産終了)

 

 コロナウィルスの話が出始めた際「空間除菌機能がある機械が無くなるかも」と急いで買いに行った際、エディオンの家電アドバイザーさんと小一時間話し込んで購入した空気清浄機です。

 

 空気清浄機と言えばシャープのプラズマクラスターやダイキンのストリーマー等が一番効果があると思っていたのですが、アドバイザーさんに言わせると「ストリーマーかナノイーXがいい仕事をする」と絶賛されていたので、その中でも「花粉除去」と「PM2.5」に特化したPanasonic製品を選びました。

 

 以前まで使用していたシャープより格段に静音性が良く、通常運転時は動いてるかどうかわからないレベルまで静か。半面焼肉や鍋を始めたり食べ終わった後や私が殺傷レベルの屁をこいた後のリビングでは恐ろしいほどの轟音を出しながら「めっちゃ空気清掃しとるぞ」アピールが凄いです。しかも有効範囲は31畳。

 

 消臭効果に至ってはつぎの日の朝は気持ち匂いが残っているモノの夕方には昨日焼肉(鍋)をした記憶すら忘れてしまう程完全に匂いを消してくれています。

 

 毎年花粉症で悩んでいる妻と娘もリビングでは呼吸がかなりしやすいと喜んでいますし、仕事が終わってリビングに入ると空気が違うのを感じる事が出来ます。コロナウィルスへの効き目は正直分かりませんがここまで空気が変わるのなら恐らく分解してくれてる気がしています。

 

 今までもプラズマクラスターは何台も購入してきましたが、ここまで効果を感じたのはコイツが初めてです。

 

 因みに購入価格は店頭在庫処分品で39800円で購入しました。

 

 第3位 電動回転モップクリーナー

 

20201202_093418

 

 参考価格 不明 

 

 以前より気にはなっていたのですが、なかなか購入する機会がなく見送っていました。

 

 確か購入した時期はAmazonで9800円程度でしたがポイントが10000程溜まっていたので実質タダで購入しました。

 

 家電と言うより店用の掃除道具ですが、カラー剤パーマ剤で汚れた床を超簡単に綺麗にしてくれます。

 

 何より嬉しいのが力を入れなくてもモップが回転する事でアシスト自転車のように(乗ったことありませんが)自走してくれるので上から押さえつけなくても木目に入った汚れまで綺麗にしてくれる事。

 

 床にあたるモップ部分の上に足で踏むオンオフスイッチがあり、持ち手の指の部分に「水」が出るボタンとLEDライトが付くボタンがあります。

 

 色々調べたのですが、この「水」を出すタンクに「中性洗剤」を入れられるタイプが少なく、この製品はそれが可能だった事が決め手になりました。(効果抜群)

 

 回転するモップ部分は取り外して洗濯する事が出来、余分に1枚セットが付属してるのでワックスがけ用と掃除用に分けて使用する事が出来ます。

 

 名称や型番が無いのであやしい代物ではありますがAmazonでは現在9399円。(500円引きクーポンあり)妻ではなく私がかなり性能に満足しています。

 

 第2位 日立 衣類スチーマー CSI-RX2

 

衣類スチーマー

 

 参考価格 多分10000円前後

 

 画像は2017年に発売されたRX1の方ですが、この後継機にあたる2を購入しました。

 

 今までPanasonicやアイリスオーヤマのスチーマーを使用していましたが、熱を発するまで時間がかかったり、スチームが出た際プシュプシュと大きめの水滴が飛び出すのが気になり探していた所日立製品が熱いという噂を聞きつけました。

 

 こちらの衣類スチーマーが素晴らしいのは他社製品に比べて

 ①スチームが出ている時間が長い

 ②立ち上がり(温度上昇)が早い

 ③アイロンとしても使用できる

 

 この3つが特に優秀でした。

 

 今までのと比べて、コードレスでは無いので取り回しが大変になると思いきや、本体の重量が程よくコードがしっかりした作りで重みがある為絡んでくるような事がなく(床に垂れ落ちる)ボタンを押しっぱなしにしなくてもスチームが出続けるため手が疲れにくい。

 

 スチームでシワをとっている際しつこいシワがあってもアイロンのように押し付ける事によりピンポイントに伸ばせるのでハンガーにかけたままかなり丁寧に仕上げられます。

 

 偉そうに書いてますが、殆ど妻しか使用していません。

 

 ですが毎日娘の制服と仕事用のシャツをアイロンがけしてくれている妻の労力を少しでも軽減するために、そして感謝の気持ちを言葉ではなく形にするのが真の夫の優しさと言うもの。

 

 ネットで調べまくり1分1秒でも家事が早くそして楽になるよう知識をため込み、これぞという製品にたどり着いた結果がこの衣類スチーマーでした。

 

 全ての家電に言える事ですが、その繊細な使い勝手さや考え抜かれた機能を妻が実感する事がそれ程多くないのが残念な所ではありますが・・・

 

 定価は分かりませんが今なら7000円前後で購入できます。

 

 第1位 Shark EVOPOWER W35 充電式ハンディクリーナー

 

シャーク エヴォパワー

 

 定価 24200円

 

 某友人の新築祝いにリクエストされた「アラジングラファイトトースター」を安価で購入する為、色々と探し回っていると、ジャパネットたかたのHPにて「ぐるぐるジャパPONぽん」と言う所謂家電ガチャガチャにて、3品29800円というサイトを見つけ、そこで1週間ガチャガチャを回しまくっていると偶然当たりました。

 

 トースターと匠包丁の値段を差し引き、ハンディクリーナーは実質1万円程で購入できました。

 

 ハンディタイプしかもコードレス充電式と言う事でリビングに置いていても邪魔にならないサイズ、且つデザイン性もあり部屋にマッチングします。

 

 ノズルアタッチメントが6種類くらい付属しておりますが、それらを使わなくても使い勝手が兎に角素晴らしい。大きさからしてゴミ収納力は若干乏しいですがとにかく軽いので邪魔にならないし、ゴミ捨てもワンボタンで済むので車内の掃除が苦じゃなくなりました。

 

 我が家では既にコードレス掃除機のダイソンサイクロンV10という主役級が存在していましたが活躍の場を失う事になりました。取り回しの良さと吸引力そして手軽さで、リビングに階段、和室に至るまであらゆる場所に引っ張り凧。私より長く妻の側に居座りその存在感は焼きもちをバーニングしてしまうレベルに到達しました。

 

 何故か充電器の定位置にいるより階段の踊り場やお風呂場の近くが好きなようで付近でたたずんでいる姿を目にする事が多いです。

 

 因みに12月2日現在コストコにて1万弱という破格の値段で発売されているそうなので時期を見はからいもう一台購入する予定です。

 

 ※現在ジャパネットたかたの「ぐるぐるジャパPON」は取り扱い商品が減っている為、同じ買い方は出来ません

 

 以上ベスト5でした。

 

 と言う事で意気込んでブログを書いてはいましたが、途中から「この記事そんなおもんないんちゃうか」と感じ始めやめようとも思ったのですが、狭い世の中ですので誰かが同じような家電を購入する事を考えているタイミングと重なればと思いアップしました。

 

 お陰様で12月は年末まで予約がほぼ埋まってきましたのでくだらないブログをかける時間もなさそうです。

 

 健康管理をしながら元気に機をみて更新していきますので皆様もどうぞお疲れが出ないようにお過ごしくださいね。

はてなブックマーク
2020.11.11

 やましなす皆様。はぐれ刑事純情派や相棒より宇宙刑事シャイダーが好きな男斉藤です。

 

 というかシャイダーのヒロイン「アニー」が好きなだけとも言う。

 

 かなり前の話になりますが、以前ブログで詐欺被害にあったと言う事を書いた事があるのですが覚えていらっしゃる方はいますでしょうか。

 

 過去ブログ「詐欺被害にご用心」

 

 ご報告が遅くなりましたが、あのブログの後すぐに実際に山科警察署に出頭して「被害届」を提出してきました。

 

 その際、よくテレビの刑事ドラマで見られるような刑事課の所謂(いわゆる)「取調室」に人生で初めて入りました。

 

 朝9時。予約していた時間に出頭したのですが手違いがあり担当の刑事さんは未だ署に来ていないとの事。変わって若い刑事さん(漫画キャプテンの五十嵐君似)に先導され階段を昇ってすぐの「刑事課」に案内されました。

 

 扉を開けた先にテレビでしか見れなかった風景が広がっていました。

 

 整頓されてるとは言えないデスク。ガチムチ系のオジサンたちがひしめく姿。部下(っぽい人)の机の上に腕を乗せて後ろからパソコンをのぞき込む(ベテランっぽい)強面の刑事。むこうのメガネの人は恐らく腕力ではなく頭脳派やな。

 

 そんな事を考えながら、廊下側の張り紙やメモが乱雑に貼ってある通路を刑事さんに先導されて肩身狭く案内されるがままに取調室に入りました。

 

 部屋は左側の壁が狭くなっており、一角に黒っぽいガラス窓(マジックミラー)。広さは3畳くらいの縦長で質素な作りでした。

 

 かなり年代物のエアコンが一基、小さなテーブルが一つとパイプ椅子(私の側)とややクッション性のありそうなデスクチェア(刑事さん側)と蛍光灯が一本。キョロキョロと見渡すと同時に何故かテンションが一気に急上昇する私。

 

 壁にあるただのシミすら血や銃弾の痕に見えてきて、成程今このタイミングで「お前や」と迫られると「俺の心の弱さのせいや」と謝ってしまえるような緊張感が身体の中を走りました。

 

 刑事「ちょっとパソコンをとってきますのでしばらく待っててくださいね。」

 

 扉を開けて出て行った刑事さんを見送り、部屋に残された私は緊張感をほぐそうと出入口に神経を向けながらマジックミラーに近づき、何故か故障したエレベーターに乗っている風のパントマイムをして満足から席に戻りました。

 

 この時点で私の興味は本来の目的より「自白用のスタンドライトや蕎麦屋のメニューの存在」といったくだらない系統の方向に向き始めていました。

 

 十数分後、部屋に戻って来た刑事さんに普段「ホシ」「がいしゃ」「しゃぶ」「ガサ」等あまり使わない事、かつ丼ではなく決まった弁当が用意されている事、アンパンと牛乳よりおにぎりの方が好きな事等を聞き既に達成感が出でしまった私でしたが、その内「えっと詐欺にあわれたんですよね。」と疑われ始めた事により意識を取り戻せました。

 

 「詐欺被害には初めて会われましたか」と聞かれ「3回目です」との返事を返した私の言葉に、若干表情を変えた刑事さんでしたが、出来るだけ手早くまとめて作成しますと手慣れた手つきでキーボードを打ち込み始められました。

 

 尋ねると、どうやら私は事情聴取で供述をまとめた刑事さんが考えた文面を確認して署名の上指紋で押印するだけの役割。

 

 以前派出所で私が警官に手渡した資料を見ながらパソコンを打つ刑事さん。

 

 その文面が間違っていないか私に確認を取るために読み聞かせながらスピーディーに事が進んでいきます。

 

 刑事「えっと・・・望月某日・・・私は知人とのお酒の席の後・・・・自らが所有するスマートフォンのSNSサイト『インスタグラム』の途中に・・・掲載されていたPORTERのサイトのページを開いた所・・・今までに見たことの無い割引額で販売しているのを・・・確認しました。」

 

 私「はい」

 

 刑事「サイトのページには『・・・本年は創業85周年を記念した・・・激安に挑戦・・星マークっと・・・絶対安心』と書かれており・・・・私は娘が以前から欲しがっていた事もあり・・・・見ると『二個目は何と1950円だけ驚き』と書かれてあり破格の値段・・・・と説明が書かれていたので・・・日頃何もしてあげられていなかった・・・妻にもこれをプレゼントすべく・・・購入を決意して支払い画面に進みました・・・」

 

 私「・・・はい。」

 

 刑事「値段は二つで7850円・・・計1万5750円の割引であったため通常では考えられない割引額・・・最後の画面には、えっと・・・・『数量限定・・・星マーク・・・見た目以上の収納力は今だけ』との説明が書かれていました。」

 

 私「・・・・・」

 

 刑事「・・・・」

 

 この瞬間。声にこそしませんでしたが室内の二人の思った事は恐らく同じだったと思います。

 

 

 どう見ても本物ちゃうぞコレ。

 

 沈黙が続く取調室、最初に静寂を破ったのは私でした。

 

 「刑事さん。僕ねもうお金が戻ってきて欲しいとか懲らしめたいとかそんなのどうでもええんですわ。」

 

 とても腑に落ちた表情で頷く刑事さんは「はい。わかります。」と静かに同調してくれました。

 

 これ以上自分以外で被害者が出ないよう訴える私の言葉は、既にバカの不注意から始まった自己防衛の為の言い訳にすぎませんでした。

 

 聞いてくれながらもタイピングの手を止めない心優しい刑事さんが途中、黒のインクで私の指紋を欲して来たので指を回転させながら紙にネトッとつけていると「そんな逆に犯人みたいにしっかりつけなくてもいいですよ」と教えてくれました。

 

 そして購入した時に酔っぱらっていた事も自白させられた私は「やるなあ敏腕刑事さん。」と感服し「実は私もPORTER好きなんですよ」との返事が返って来て、それが切っ掛けで笑いが起こり場に暖かな空気が流れ始めました。

 

 刑事さんの最近のお父さん孝行(誕生日にPORTERのカバンをプレゼントしたばかり)、お互いの子供達の趣味の話や鬼滅の漫画は何巻が一番面白かったか等の話で盛り上がり楽しい時間を過ごせました。

 

 山科にいる限り又何処かで会う事もあると思うので、その時までにお互い最近の面白い漫画本があったらお薦めできるよう調べておくことを約束して警察署の前まで見送ってもらいお別れしました。

 

 こうして警察署に出向けて、警察専門用語の基礎知識、かつ丼やアンパンの真偽、そしてブラウン管の中でしか見れなかった世界を十二分に堪能でき、マンガ好きの刑事さんといつか再び出会えるその日を楽しみに出来るようになりました。

 

 その後署内で「カメラに向かっておかしなパントマイムをする男の記録」が取調室から発見され会議にかけられていないかやや不安は残りましたがとてもいい経験だったと思います。

 

 あれそう言えば何で警察署に行ったんだっけか。

 

 と言う事で現在頑張って漫画を探しています。どなたか有識者の方がいれば「ドクターストーン」や「呪術廻戦」以外で面白いのあれば教えてください。

 

img20201111_16004613
 

 

 

Screenshot_20201111-152549_Gallery

 

 

 お得がいっぱお ラインでのともだち登録ボタンはこちら↓

   LINE 友だち追加のボタン 

はてなブックマーク
2020.11.06

 やましなす皆様。朝夕と日中の温度差が厳しくなってきましたがいかがお過ごしでしょうか。

 

 「愛の呼吸」の継承者である男斉藤です。因みに与えるのではなく欲しがってる男であります。

 

 巷で大流行中である映画「鬼滅の刃」。皆様の中にもご興味のある方がいらっしゃる事と思います。

 

鬼滅

 

 あまりの人気に「毀滅」としか変換されない現在のIMEも間も無く「おにめつぼう」と打ち込まずとも変換される事になるでしょうね。

 

 先日私の母親が突然我が家に「鬼滅」のパンフレットの様なものを持って来てくれました。

 

 取得の経緯を尋ねると「映画を見に行ってきた」との事。

 

 かなりの映画好きではあるものの話題作であった「天気の子」「君の名は。」「おしりたんてい」等ですら1人で見に行ったことの無かった母親が何の予備知識もなく「劇場版鬼滅の刃」を見に行ったのです。

 

 映画の感想を聞いてみると「面白かったしちょっと感動した」との事でした。

 

 設定は勿論、トイレットペーパーを咥えた女の子や猪の顔の男の子の意味さえロクに解らないまま鑑賞した70前後の女性すら感動させる破壊力を持つ映画である「鬼滅の刃」やはりただモノではありません。

 

鬼滅5人

 

 それをきっかけに我が家でも妻以外の熱が高まっていきました。

 

 そしてつい先日の月曜日。私も息子と社会人になったばかりの親友の娘との3人で河原町に見に行ってきました。

 

 当日の朝、市内に出掛ける準備をしていると何やら息子が鬼滅のキャラのコスプレに着替え始めました。

 

 なにやってんねん、と尋ねると「お父さんがきがえていけと言った」と言われました。

 

 全く記憶になかったのですが、すかさず妻が後ろからため息と共に証言。それにより昨晩私が酔っぱらいながらどうせならコスプレして行けと指示したとの裏が取られました。

 

 俺はカッコいいと張り切って着替えた息子の姿を見て、迎えに行った親友の娘(以後Sちゃん)の「あおくん超かわいい」という黄色い声援にやや照れ始めた息子は、車を停めて歩き始めた三条京阪の交差点で周りの人の視線を一手に集めてしまい、恥ずかしいゲージが瞬く間にメーターを振り切ってしまったらしく

 

 「お父さん僕歩きたくない」

 

 と弱音を吐き始めました。

 

 東京にいた頃、数十年ぶりに上映された公開初日深夜のスターウォーズの映画を、どこにも着て行けずにしまっていた「ストームトルーパー」(顔だけ無し)の衣装を着て新宿ピカデリーに見に行った際、周りの人が誰もコスプレをしておらず1人で浮いてしまって感動と興奮に死にたいくらいの恥ずかしさが混ざった私の、二度と思いだしたくないあの感じを時を超えて我が息子も体験し始めていたのです。

 

 いつも外でやかましいと言われ続ける息子が一言も言葉を発しなくなりました。

 

 何となく気の毒に思えてきた私と看護が仕事の気遣い上手Sちゃんは自然とトランプ大統領のSPのように、右側を私左側をSちゃんが担当するように並列して歩き出し、出来るだけ気持ちを紛らわそうと会話を交わすよう努力し始めました。

 

 「やっぱり市内は色んな人がいるな。善逸(鬼滅のキャラクターの名前)のカッコしてても誰もきにせえへん。」

 

 「ほんまやねぇ。あおくんカッコいいけど京都の町に溶け込んでて全然目立ってへんな。」

 

 後ろの方でカシャカシャとスマホのカメラ音がするのを本人の耳に入らないよう全集中しながら周囲に気を貼る二人に守られながら黄門さまと助さん角さん御一行は、這う這うの体で映画館にたどり着きました。

 

 館内に入れさえすれば森の中の木になれると踏んでいたのですが、そこでも学生さん達に声を掛けられまくる息子にトイレで「終わったらすぐ脱いだらええしもう少しだけ踏ん張れ」と声をかける私と涙をぐっとこらえて誓う息子。

 

 そんなもはや何に頑張っているのか分からない息子に、優しいSちゃんはパンフレットと言うご褒美を、全ての発端である罪深い私は鑑賞後にポケモンセンターでぬいぐるみを一つプレゼントする約束を交わして席に着きました。

 

 満席で一番前の席まで埋まった映画館内は、私の予想に反して老人が一人で座っていたりと結構年齢層が高いのが印象的でした。

 

 私と息子は予備知識として漫画であらすじを全て知っていたのですが成程よく出来た映画でした。

 

 クライマックスに差し掛かりやたら長い涙を誘うシーンで、前の席に座っていたおばさんがグスリと鼻をすすり始めました。

 

 私たちの横の席に座っていたスーツ姿のオジサンがハンカチで目の辺りを抑えていました。

 

 その横を見るとそれ程ハマっていないと言っていたSちゃんが号泣していました。

 

 息子が私のカバンをまさぐり始めハンカチを手に取って涙を拭き始めていました。

 

 みんなめっちゃ泣いてるやん。

 

 私も同じく感動してはいたのですが、息子に与えた自らの罪の意識が余りにも大きくコスプレを脱いだ後、半そでと短パンしか用意してこなかった準備の悪さに猛省しながら新京極に子供服売り場があったかどうかという事ばかりに気をとられていました。

 

 エンドロールが流れ始め全集中して終わりの歌を聞いているSちゃんに「ごめんちょっと先に出るわ」と言いながら息子の手を取りトイレに駆け込みコスプレを脱がせ着替えさせました。

 

 出てきた息子の姿を見てトイレ前に座っていた学生さんたちが「おっもう善逸終わったの。かっこよかったのに」という声をかけてくれたのですが、色んな意味でスッキリとした表情をした息子はやり遂げた男の顔になっていました。

 

 帰り際パンフレットを購入するために売店に並んでいるとヒロインの女の子の格好をした女の子を今更ながら発見して、「(あわよくば一緒に写真をとるために)もう一回着替えるか」と提案する私に息子は

 

 「うん。死んでもいやだ」

 

 と見た事ない位鬼のように冷たい表情で答えてくれました。

 

 二人に感想を聞くと、最近少し落ち込んでいたSちゃんは映画を見てもっと精一杯頑張ろうという気持ちになったそうでした。

 

 エースバーン(ポケモン)のぬいぐるみを手にした息子は全集中してもぬぐい切れない気持ちを知る事が出来、そして煉獄さん(本映画の英雄)のように諦めない男になりたくなったそうでした。

 

20201101_134807

 

 息子よ悪夢を断ち切れ。

 

 この何とも恥ずかしそうな表情の息子をカメラに収めた私は、とりあえずお酒を飲んだ時に自分の言葉にもっと責任を持とうと思えました。

 

 そう言えばブログのカテゴリーを「レビュー」にしている割に全くレビューしていないので一応私的評価だけ最後に残しておきます。(偏見あり)

 

 劇場版 鬼滅の刃 ★★★★★★☆☆☆☆ アニメのビジュアルが綺麗で普通に面白かったです。

 

 こんな人にお勧め

 

 職場で嫌な上司がいる人・何のために頑張っているのか分からない人・鬼滅の刃の原作だいすき・流行っている物はとりあえず抑えておこう

 

 逆にお勧めできない人

 

 3密ありえない・グロテスクな映像は苦手・お酒を飲んだ時の発言に責任を持てない人

はてなブックマーク
2020.10.23

 おはようございます。時代を先取りする男斉藤です。

 

 先取りしすぎて今朝のニュースの「ダイソンの偽サイトにご用心」のニュースを見て詐欺まで先取りしてしまった自分になかなか嫌気がさしました。

 

 ちなみに私のPORTERのサコッシュも全く同じ手口でしたので恐らく同一犯と思われます。皆様くれぐれもご用心をば。

 

 全く関係ありませんが皆様「不織布マスク」は足りていますでしょうか?

 

 一時期に比べると市場にも十分に出回り始め、且つ洗って繰り返し使える系のマスクの供給もあり「欲しい」と思われる方も今ではそれ程いらっしゃらないと思いますが先程美容ディーラーさんのチラシにサロン販売用の不織布マスクのセール情報が載っていました。

 

20201023_085949

 

 高密度フィルター内蔵使い切りマスク60枚。

 

 大人用 女性小顔用 ¥1115(税込み¥1227)1枚20円

 小包装タイプ30枚  ¥640(税込み¥704)1枚21円

 

 当店をご利用いただいているお客様にはお医者様が多いのですが、皆様一様に「寒くなるともう少し(詐欺じゃない方の)被害が広がりますよ」と言われています。冬に向けて使い捨てマスクをストックされたいと思われる方がいればサロン価格で注文しておきます。

 

 ご入用の方は良かったらメールかお店用のライン(ブログ下部にボタンあり)もしくは巫女の血を引く星さんのような神通力(テレパシー)を使ってご連絡ください。

 

 このタイミングだと詐欺と疑われる可能性がある事も承知の助。しかしこのような物販で利益を得ようというような私ではない事は皆様勿論ご存知ですよね助。

 

 と言う事で10月中にご連絡頂ければお取り置きの上、次回ご来店時にお渡しします。

 

 最後に。

 

 はれて詐欺被害認可が全国的に公になってくれましたので私の購入したPORTERの送られてきた実物の写真を載せておきますのでご興味のある方は物珍しさのためにも見ておいてください。

 

 

Screenshot_20201008-175340_Chrome

 

Screenshot_20201008-175345_Chrome

 

20201008_170725

 

 

 マフラーでなくて幾分良かったどファッションてなんやねん。

 

 お得がいっぱお ラインでのともだち登録ボタンはこちら↓

   LINE 友だち追加のボタン 

はてなブックマーク
2020.10.10

 やましなす。

 

 こちらのブログを見て頂いているお客様がご来店の際に「こんにちは」ではなく「やましなす」と言って笑顔で入店される度に恥ずかしくなる男斉藤です。

 

 今では別に流行らせたく無くなっていますのでお気遣いなく宜しくお願いいたします。

 

 突然ですが私は今まで人生で3回詐欺被害にあっています。

 

 一回目の詐欺に引っかかったのは20歳の頃。

 

 当時東京の寮に住んでいた私の元に一通のハガキが届きました。

 

 ハガキには「このハガキを持参された方にもれなくプレイステーション(ゲーム機)をプレゼント」と書かれてありました。

 

 そのハガキを持って池袋のサンシャインビルの高い階にある事務所に行ってアレよコレよと言う間にいつの間にか高額なパソコンと怪しい会員の入会をさせられました。

 

 それが詐欺と気が付いたのはそれから2年後。会員の権利を利用して再び旅行に出かけようとした所連絡がつかなくなっていました。実費被害は数十万円でした。

 

 オカン黙っててごめんやで。

 

 2回目の詐欺(まがい)に引っかかったのは昨年の7月、店舗デザインをお願いしたお店の内装業者との間で信頼をことごとく裏切られ、現在もゴタゴタが進行形で続いております。

 

 ここは色々と書いてしまうと怒られるので今はスルッと関西で割愛します。

 

 そして3回目の詐欺に出会ったのはつい先日の事。

 

 こちらは被害額からすれば今までの2つよりも程度は低く精神的ダメージは大きくはないのですがまた「やっちまったぜ感」が半端なく、現在猛省中です。

 

 始まりは先週の日曜日の晩。ほろ酔い気分になっていた際、日頃やっていない「インスタグラム」のページをスマフォで開いた際、途中の広告ページに載っていた「PORTER」のバッグのセールのページに飛び込んでしまった事が切っ掛け。

 

 数年前に娘が、私がプレゼントしたサコッシュ(ポシェットのようなもの)を紛失してしまい、それ以来代わりになるものを持たせていなかったので喜ばせようと思いそのセール商品を購入しました。

 

 普段の私なら必ず怪しいかどうか調べた上で判断してから購入するボタンをポチるはずなのですが、久しぶりの外飲みに気分が高揚していた為勢いがついていたと思われます。

 

 数日後送られてきたサコッシュには「PORTER」のロゴがありませんでした。

 

 慌てて同じ案件が無いか調べてみるとピンポイントで同被害にあった声がかなり大多数上がっていました。

 

 よく考えてみればPORTERのサコッシュが二つでそんな値段で買える訳が無いのにこの大バカ者達め。

 

 バッグの作りはそこそこ似せてあり、実用性もありそうなデザインですし被害額は7千円程度なので泣き寝入りするのも仕方ない感じだったのですがやはり気分の良いものではありません。

 

 話は変わりますが、以前とある偉い方の講演会を聞きに行った時に、私のその後の人生を左右してしまった素晴らしい考え方になれる講義を聞きました。

 

 講義をされた先生の実体験の話でした。

 

 その方は大層オシャレな方なのですが、ある時近所に出来たばかりのクリーニング屋さんに気に入っていた白いズボンを出しにいかれました。

 

 数日後にそのズボンを取りに行って家で確認してみると、おしりの部分に灰色の大きなシミが出来ていたそうです。

 

 すぐにクリーニング屋さんに電話をしたそうなのですが、返ってきた答えがこのようなものでした。

 

 「クリーニングをすると綺麗になりすぎて昔のシミの様なものが浮き上がってくることがあるので仕様です。」

 

 あくまでも自分の非を認めないというクリーニング屋さんのその言葉に少し苛立ちを覚えた先生は「皆さんならどうしますか。因みにこのズボンは買って未だ一回しか履いていないズボンやったから「いやそれはアンタの所でやったんやから出るとこで出てもエエんやで。」 といったように行こうと思ったら行けるわけです。」と続けられました。

 

 近所に出来たクリーニング屋さんなのでこれから頑張って欲しい気持ちもある、ましてとても良い付き合いが始まる出会いかも知れない。かといって「泣き寝入り」するのも腑に落ちない。

 

 とても気に入っていたズボンで、次の講習に履いて行きたかった先生はとりあえず同じズボンをもう一着買われました。

 

 それで残ったシミが付いたズボンをその先生は「捨てるにはもったいない。誰かにあげるにしてもケチが付いたものなので失礼だ。」と考えた挙句「そうだ。どうせ捨ててもいいようなものならいっそ・・・染めてしまえ。」と結論を出されました。

 

 奥様に染め方を聞いてピンクの染料をお湯に薄めてつけ置きしたそうですが「茶こしで混ぜないと汚くなる」と口うるさく言われたので面倒になって適当に混ざったと思って放置したそうです。

 

 その結果染料の溶け残しが残ったまま染まってしまったらしくペンキでペッペッと飛ばしたような模様がついたのですが、それが何ともおしゃれなデザインになったそうで「世界に一着だけの個性を持った愛着湧くズボン」になったそうです。

 

 私はこの話を聞いて、私の師匠が好きだった「一所懸命だと知恵が出る」という言葉を重ねる事が出来て「引き分ける大切さ」を学びました。

 

 やられたら倍にして返すのではなく工夫次第で意味を持たせることが出来る、その分知恵を働かせて有意義な出来事だったと思えるように変換する事。

 

 話を戻しますが、東京で詐欺にあった事も、後々調査した結果同じように詐欺にあってる若いスタッフが驚くほど存在する事が発覚して、私は社長に実体験を買われ美容室全体の「アシスタント相談窓口」という職務を命じられ多くのアシスタントさんの力になる事が出来ました。

 

 店舗の内装業者さんとの事も泣き寝入りしようとも思ったのですが、いずれ子供達や他の誰かの為になるかもしれないと思い弁護士さんを雇って現在進行中ではありますが、裁判すると言う事がどういったものかを身をもって勉強できています。

 

 と言う事で今回のPORTERの詐欺は、今現在のやりとりが終息してから子供達と一緒の食事中に大袈裟に発表したいと思います。

 

 特に娘に対してはこれからネットでの買い物も多くなると思いますが、こういう事例があったことを踏まえて何に注意しないといけないのかを教えてあげられる良い機会だったと思います。

 

 そして同時にこのブログを見て頂いているお客様に対しても何かの為になればと思い書き込ませて頂きます。

 

 Amazonや楽天等の大型ショッピングサイトを利用せず、独自のサイトを開いている所で買い物をする時は

 

 1 注文する前に前もってネットで評判等を検索してみる。

 

 2 会社の概要を見て電話番号が無い(あっても携帯の番号)或いは住所が不明の時は利用しない。

 

 3 注文を進めていて支払いに「後振り込み」が無い場合(カード払いや着払いもダメ)は注意する。

 

 4 40を超えたらお酒は肝臓の為にも3杯迄と制限を設けて楽しむ。

 

 5 そもそも酔っぱらってるときはスマフォをいじらない。

 

 因みに詐欺だと分かってすぐにメールで連絡を入れましたが、返って来た文章は明らかに日本人ではないなという片言の文が送られてきました。

 

 一応「警察に被害届を出します」というメールを送った所で返信が来なくなったので、これ以上そう言う業者をのさばらせないために本気で届け出をしてからこれはこれで楽しい思い出と言う事で普通にサコッシュも使用していこうと思います。

 

 外で私に遭遇した際、布製のサコッシュを肩からぶら下げていたらそれとなく「例のアレか」と察してその瞬間を楽しんでみて下さい。

 

 と言う事で皆様もくれぐれも詐欺にご用心下さいね。

一覧 TOP
前のブログ >>